FY2017

Journal Papers

  1. Taku Yamazaki, Ryo Yamamoto, Takumi Miyoshi, Takuya Asaka, and Yoshiaki Tanaka, “Opportunistic Routing Using Prioritized Forwarders with Retransmission Control,” The Journal of University of Technology and Life Science in Bydgoszcz, Image Processing & Communications, vol.21, no.1, pp.57-66, April 2017.
    DOI:10.1515/ipc-2016-0005

International Conferences

  1. Toshihiko Kato, Adhikari Diwakar, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Nobuo Suzuki, “How Insufficient Send Socket Buffer Affects MPTCP Performance over Paths with Different Delay,” 6th World Conference on Information Systems and Technologies, pp.614-624, Naples, Italy, March 2018.
    DOI:10.1007/978-3-319-77712-2_57
  2. Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato, “Adaptive Geo-Fencing with Local Storage Architecture on Ad Hoc Networks,” International Conference on Electronics, Information, and Communication 2018, pp.125-128, Honolulu, HI, U.S.A., March 2018.
    DOI:10.23919/ELINFOCOM.2018.8330590
  3. Toshihiko Kato, Shihan Cheng, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Nobuo Suzuki, “Protecting Eavesdropping over Multipath TCP Communication Based on Not-Every-Not-Any Protection,” The Eleventh International Conference on Emerging Security Information, Systems and Technologies, pp 87-92, Rome Italy, Sept. 2017.
  4. Tomokazu Moriyama, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato, “Frame Aggregation Size Determination for IEEE 802.11ac WLAN Considering Channel Utilization and Transfer Delay,” 14th International Conference on Wireless Networks and Mobile Systems, pp.89-94, Madrid, Spain, 89-94, July 2017.
    DOI:10.5220/0006472200890094
  5. Jing Lin, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato, ”A QoS Aware Ad Hoc Multicast by Combining TDMA and IEEE 802.11 DCF,” 6th International Conference on Theory and Practice in Modern Computing, pp.204-211, Lisbon, Portugal, July 2017.
  6. Nava Krishna Chaitanya Javvaji, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Well-Timed Secure Handover in LTE Self Organized Network,” 32nd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, Paper no.1570351522, pp.440-443, Busan, South Korea, July 2017.
  7. Ryota Kameda, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Hierarchical Opportunistic Routing with Destination Area Estimation for Ad Hoc Networks,” 32nd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, Paper no.1570351779, pp.432-435, Busan, South Korea, July 2017.
  8. Ngo Quang Minh, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, Toshihiko Kato, “A Routing Protocol Proposal for NDN Based Ad Hoc Networks Combining Proactive and Reactive Routing Mechanisms,” Proc. The Thirteenth Advanced International Conference on Telecommunications, pp.80-86, Venice, Italy, June 2017.

Domestic Conferences (研究会)

  1. 岡村 也寸志, 山本 嶺, 大坐畠 智, 加藤 聰彦, “経路信頼性に基づくHeterogeneous Opportunistic Routing,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.486, pp.69-74, March 2018.
  2. 森山 友和, 山本 嶺, 大坐畠 智, 加藤 聰彦, “IEEE802.11無線LANを経路上にもつTCP輻輳制御におけるk-means法を用いたパケットロス分類手法の実験的検証,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.486, pp.37-42, March 2018.
  3. 西部 星良, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, “蟻コロニー最適化ルーチングによる無線センサネットワーク長寿命化,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.486, pp.19-24, March 2018.
  4. 鹿島 睦史, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, ” フローティングコンテンツにおける遭遇端末数に基づくアンカーゾーン有効半径最適化,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.459, pp.357-362, March 2018.
  5. 亀田 崚太, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, “宛先端末位置推定を利用した階層化Opportunistic Routingにおける基準端末複数配置手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.459, pp.221-224, March 2018.
  6. 宮谷謙斗, 大坐畠 智, 山本 嶺, 加藤 聰彦, ”疑似マルチキャストを用いた非同期ストリーミング配信におけるネットワークコーディングのためのピースと宛先選択方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.397, pp.65-70, Jan. 2018.
  7. 遠藤 朝陽, 大坐畠 智, 山本 嶺, 加藤 聰彦, “CCNにおけるコンテンツ要求と通信資源に応じた帯域予約方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.397, pp.59-64, Jan. 2018.
  8. 山崎 託, 山本 嶺, 國立 忠秀, 田中 良明, “待機時間に基づくOpportunistic Routingにおける乱数情報を用いたパラメータ制御,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.385, pp.29-34, Jan. 2018.
  9. Adhikari Diwakar, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato, “Performance Degradation of Multipath TCP by Limited Send Socket Buffer over Subflows with Different Transmission Delay,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.353, pp.1-6, Dec. 2017.
  10. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香 卓也, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける中継領域を絞り込んだOpportunistic Routing,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.303, pp.29-32, Nov. 2017.
  11. 遠藤 朝陽, 大坐畠 智, 山本 嶺, 加藤 聰彦, “CCNにおけるユーザの要求に応じた帯域幅予約方式の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.262, pp.43-46, Oct. 2017.
  12. Ngo Quang Minh, Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato, “A Hybrid Approach for Named Data Networking Based Ad Hoc Routing,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.204, pp.97-102, Sept. 2017.
  13. 李 智輝, 大坐畠 智, 山本 嶺, 加藤 聰彦, “CCNにおける帯域予約コンテンツを考慮したキャッシュ制御方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.204, pp.85-90, Sept. 2017.
  14. 森山 友和, 山本 嶺, 大坐畠 智, 加藤 聰彦, “IEEE 802.11acにおけるMU-MIMO下りリンク伝送のスループット向上のためのフレームアグリゲーションサイズ選択手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.185, pp.87-92, Aug. 2017.
  15. 程 詩涵, 山本 嶺, 大坐畠 智, 加藤 聰彦, 鈴木 信雄, “データスクランブル化と経路分散化によるMPTCPの秘匿性向上,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.185, pp.105-111, Aug. 2017.
  16. 亀田 崚太, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, “Opportunistic Routing におけるネットワーク階層化,” 電子情報通信学会NWS研究会予稿集, June 2017.
  17. 鹿島 睦史, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, “Opportunistic Routingにおける端末密度による待機時間設定,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.117, no.68, pp.19-24, May. 2017.

Domestic Conferences (大会)

  1. 山崎 託, 山本 嶺, 國立 忠秀, 田中 良明, “転送待機時間に基づくOpportunistic Routingにおける平滑化した乱数値を利用したパラメータ制御,” 2018年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.57, March 2018.
  2. 横谷 温子, 大坐畠 智, 山本 嶺, 加藤 聰彦, “CCNにおける帯域幅確保とキャッシュ連携制御の検討,” 2018年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.157, March 2018.
  3. 小堀 輝, 大坐畠 智, 山本 嶺, 加藤 聰彦, “スマートコントラクトを用いた実際のやりとりを相互に確認する方式の検討,” 2018年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.372, March 2018.
  4. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Advanced Bayesian Watchdog Mechanism Based on Bayesian Belief Network to Prevent Malicious Nodes in MANETs,” 2018年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-16-S-17, March 2018.
  5. 亀田 崚太, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, “無線通信の同報性を利用した階層化 Opportunistic Routing,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, p.23, Sept. 2017.
  6. 山崎 託, 山本 嶺, 國立 忠秀, 田中 良明, “転送待機時間に基づく Opportunistic Routing における三次関数によるパラメータ制御,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, p.24, Sept. 2017.
  7. Nava Krishna Chaitanya Javvaji, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Secure Load Balanced Handover in LTE Self Organized Network,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-47-S-48, Sept. 2017.

Awards

  • 情報マネジメント研究専門委員会 活動功労賞 2018年3月
  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ 活動功労賞 2017年9月