FY2015

Journal Papers

  1. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, ”アドホックネットワークにおける近傍端末を利用した自律的優先再送端末選択方式,”電子情報通信学会和文論文誌(B),vol.J98-B, no.6, pp.484-496, June 2015.

International Conferences

  1. Saw David San, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “DTN Reliability Enhancement with End-to-End Retransmission in The Presence of a Complete Route,” 30th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.416-416, Seoul Seoul Korea, June 2015.

Domestic Conferences (研究会)

  1. 荒木 涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける伝送領域制限形Opportunistic Routing,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.115, no.483, pp.435-440, March 2016.
  2. 荒木 涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける近傍ノード協力形マルチキャスト方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.115, no.251, pp.31-36, Oct. 2015.
  3. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香 卓也, 田中 良明, “端末密度と端末距離に基づくOpportunistic Routing,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.115, no.206, pp.195-200, Oct. 2015.

Domestic Conferences (大会)

  1. Shrestha Pratikshya, Ryo Yamamoto, and Yoshiki. Tanaka, “A Stable Clustered Technique in Mobile Ad Hoc Networks Using Link Expiration Time,” 2016年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-84-S-85, March 2016.
  2. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香 卓也, 田中 良明, “Opportunistic Routing におけるホップ数と近傍関係に基づく冗長パケット削減手法,” 2016年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-6-S-7, March 2016.
  3. 坂口 友彬, 山崎 託, 山本 嶺, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける 適応形信頼性制御によるブロック伝送方式,” 2016年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.111, March 2016.
  4. 荒木 涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける領域制限形Opportunistic Routing,” 2016年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.115, March 2016.
  5. Leelianou Yongxialee, 山本 嶺, 大坐畠 智, 加藤 聰彦, “片方向の通信ログを用いた TCP 輻輳制御アルゴリズムの推定,” 2016年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.395, March 2016.
  6. 小林 健人, 橋本 善季, 野元 祐孝, 山本 嶺, 大坐畠 智, 加藤 聰彦, ” 802.11n 無線 LAN の省電力モードの TCP small queues 機能への影響,” 2016年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.398, March 2016.
  7. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香 卓也, 田中 良明, “Opportunistic Routingにおける転送適性に基づく再送制御方式,” 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, p.69, Sept. 2015.
  8. Saw David San, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “A End-to-End Reliability Enhancement Scheme for DTN,” 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-28-S-29, Sept. 2015.
  9. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Advanced Principal-Agent Theory Based Packet Forwarding Incentive Strategy with Reinforcement Learning in Ad Hoc Networks,” 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-38-S-39, Sept. 2015.
  10. Bing Yu, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Automatic Web Application Test Case Generation Through Page Object,” 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-21-S-22, Sept. 2015.

Awards