2013年度以前

論文誌

  1. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける送信速度制御を用いた近傍トラヒック適応形負荷分散手法,” 電子情報通信学会和文論文誌(B), vol.J96-B, no.7, pp.782-792, July 2013.
  2. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Dempster-Shafer Evidence Theory Based Trust Management Strategy against Cooperative Black Hole Attacks and Gray Hole Attacks in MANETs”, ICACT Transaction on Advanced Communication Technology, vol.2, no.3, pp.223-232, May 2013.
  3. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける往復遅延時間を用いた適応形トランスポートプロトコル,” 電子情報通信学会和文論文誌(B), vol.J93-B, no.5, pp.735-746, May 2010.

国際会議

  1. Zhimu Huang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “A Multipath Energy-Efficient Probability Routing in Ad Hoc Networks,” 16th International Conference on Advanced Communication Technology, pp.224-250, PyeongChang, South Korea, Feb. 2014.
    DOI:10.1109/ICACT.2014.6778932
  2. Xin Fang, Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Road Side Unit Assisted Stochastic Multihop Broadcast Scheme for Instant Emergency Message Propagation,” 16th International Conference on Advanced Communication Technology, pp.103-108, Feb. 2014.
    DOI:10.1109/ICACT.2015.7224909
  3. Ryo Yamamoto, Takumi Miyoshi, and Yoshiaki Tanaka, “Neighbour Traffic-Aware Load Balancing Method in Ad Hoc Networks,” Forth International Conference on Intelligent Network and Collaborative System, pp.193-197, Bucharest, Romania, Sept. 2012.
    DOI:10.1109/iNCoS.2012.74
  4. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Historical Evidence Based Trust Management Strategy against Black Hole Attacks in MANET,” 14th International Conference on Advanced Communication Technology, pp.394-399, PyeongChang, South Korea, Feb. 2012
  5. Ryo Yamamoto, Takumi Miyoshi, and Yoshiaki Tanaka, “A Load Balancing Method with Adaptive Transmission Rate Control in Ad Hoc Networks,” The 13th Asia-Pacific Network Operation and Management Symposium, I2-3, 17pages, Taipei, Taiwan, Sept. 2011.
  6. Marat Zhanikeev, Ryo Yamamoto, Kyoko Yamori, and Yoshiaki Tanaka, “A method for Side Splitting of Packet Trace,” The 13th Asia-Pacific Network Operation and Management Symposium, TS6-1, 7 pages, Taipei, Taiwan, Sept. 2011.
  7. Qi Wang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Wormhole Attack Defense Method Based on Observation Report for Mobile Ad Hoc Networks,” 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.1139-1142, Geongju, Seoul Korea, June 2015.
  8. Ryo Yamamoto and Takumi Miyoshi, “Distributed Retransmission Method Using Neighbor Terminals for Ad Hoc Networks,” 14th Asia-Pacific Conference on Communications, pp.1-5, Tokyo, Japan, Oct. 2008.
    DOI:10.34385/proc.27.1569126345

研究会

  1. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “A Principal-Agent Theory based Game Theoretic Incentive Method for Packet Forwarding in Ad Hoc Networks,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.113, no.405, pp.11-16, Jan. 2014.
  2. 白井 達也, 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックマルチキャストにおける局所回復経路制御手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.113, no.360, pp.149-154, Dec. 2013.
  3. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香 卓也, “アドホックネットワークにおける2ホップ信頼性制御を用いたブロック伝送方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.113, no.360, pp.143-148, Dec. 2013.
  4. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “伝搬遅延推定に基づくOpportunistic Routing,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.112, no.463, pp.325-330, March 2013.
  5. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける近傍ノード協力形再送制御方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.112, no.350, pp.37-42, Dec. 2012.
  6. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “A Wormhole Attack Mitigation Strategy Based on Mobile Agent,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.468, pp.149-154, March. 2012.
  7. 王 キ, 山本 嶺, 田中 良明, “MANETにおける中継優先度を用いたDDoS攻撃対策手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.344, pp.149-154, Dec. 2011.
  8. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける通信負荷推定を用いた経路制御手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.144, pp.51-56, July. 2011.
  9. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける近傍トラヒック適応形負荷分散手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.8, pp.19-24, April. 2011.
  10. 王 キ, 山本 嶺, 田中 良明, “隣接ノードの監視情報を用いたワームホール攻撃対策手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.110, no.448, pp.455-460, March. 2011.
  11. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “近傍の通信状態に基づくアドホックネットワーク負荷分散手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.110, no.340, pp.79-84, Dec. 2010.
  12. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける送信速度のクロスレイヤ制御,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.110, no.126, pp.41-46, July. 2010.
  13. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “RTT駆動形ウィンドウ制御手法の特性分析,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.109, no.326, pp.79-84, Dec. 2009.
  14. 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける公平性を考慮したRTT駆動形トランスポートプロトコル,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.108, no.457, pp.183-188, March 2009.
  15. 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける往復遅延時間を用いたフロー制御手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.108, no.359, pp.95-100, Dec. 2008.
  16. 吉澤剛, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける一時的経路変更方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.108, no.134, pp.67-70, July 2008.
  17. 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける適応型トランスポートプロトコル,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.108, no.31, pp.55-60, May 2008.
  18. 山本 嶺, 三好 匠, “経路の近傍端末を利用したアドホックネットワーク分散再送制御方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.577, pp.295-298, March 2007.

大会

  1. Xing Fan, Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Reliability Enhancement for Stochastic Broadcast in VANET,” 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-139-S-140, March 2014.
  2. 山本 嶺, 山崎 託, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける転送履歴に基づくOpportunistic Routing,” 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.159, March 2014.
  3. 荒木 涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, “アドホックネットワークにおける 経路の近傍ノードを利用したパケット転送方式,” 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.157, March 2014.
  4. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “A Novel Packet Forwarding Incentive Strategy based on Principal-Agent Theory in Ad Hoc Networks,“ 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-46-S-47, March 2014.
  5. Tatsuya Shirai, Ryo Yamamoto, Takumi Miyoshi, and Yoshiaki Tanaka, “A Reliable Routing Method Using Local Repair for Ad Hoc Multicasting,” 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-42-S-43, March 2014.
  6. Zhimu Huang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki tanaka, ” A Novel Min-Max Residual Battery-Aware Routing Protocol for Ad Hoc Networks,” 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-44-S-45, March 2014.
  7. Dai Tianao, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, ” Parameter Selection Method for Accurate Available Bandwidth Estimation by pathChirp,” 2014年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-25-S-26, March 2014.
  8. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおけるブロードキャストを利用したブロック伝送方式,” 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, p.68, Sept. 2013.
  9. 山本 嶺, 山崎 託, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける端末移動に基づくOpportunistic Routing,” 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, p.66, Sept. 2013.
  10. Bo Yang, Xing Fan, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Simulation Analysis of Flooding-Based DDoS Attack in Ad Hoc Networks,” 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-59-S-60, Sept. 2013.
  11. Zhimu Huang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki tanaka, “A Power-Aware Routing Protocol in Ad Hoc Networks,” 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-55-S-56, Sept. 2013.
  12. Xing Fang, Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Direction-Based Relay Selection Scheme for Alert Message Broadcast in VANET,” 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-49-S-50, Sept. 2013.
  13. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Game Theoretic Analysis of Reputation based IDS for Preventing Black Hole Attack in MANETs,” 2013年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-88-S-89, March 2013.
  14. 山本 嶺, 山崎 託, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける伝搬遅延に基づくオポチュニスティック経路選択,” 2013年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.139, March 2013.
  15. Tatsuya Shirai, Ryo Yamamoto, Taku Yamazaki, and Takumi Miyoshi, “Alternate Route Construction Method Using Node Mobility Prediction for Ad Hoc Multicasting,” 2013年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-86-S-87, March 2013.
  16. Oluwatuyi Rufus Abidakun, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Energy Saving Strategy Based on SPIN Routing Protocol in Wireless Sensor Network,” 2013年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-11-S-12, March 2013.
  17. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Novel Mitigation Strategy against Malicious Actions based on Risk Evaluation Aware Trust Management in MANETs,” 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-98-S-99, Sept. 2012.
  18. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける近傍ノードを利用した連続再送制御,” 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-5-S-6, Sept. 2012.
  19. Marat Zhanikeev, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “On Why Distributed Monitoring Needs Distributed PASTA,” 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, pp.S-24-S-25, Sept. 2012.
  20. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける近傍端末の通信状態に基づく経路制御手法,” 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 通信講演論文集2, p.16, Sept. 2012.
  21. Marat Zhanikeev, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Capturing QoS Context by Alternative Flow Monitoring in Clouds,” 2012年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-128-S-129, March 2012.
  22. Marat Zhanikeev, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “Alternative Packet Sampling for Improved Fairness and Function,” 2012年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-7-S-8, March 2012.
  23. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, ”Mobile Agent Based Wormhole Attack Detection in MANET,” 2012年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, pp.S-23-S-24, March 2012.
  24. 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける近傍ノードを利用した経路変更手法,” 2012年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.10, March 2012.
  25. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける自律的負荷評価手法,” 2012年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.12, March 2012.
  26. 王 キ, 山本 嶺, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける中継優先度に基づくDDoS 攻撃対策手法,” 2012年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.13, March 2012.
  27. Bo Yang, Ryo Yamamoto, and Yoshiaki Tanaka, “A Trust-aware Management Strategy Against Black Hole Attacks in MANET,” 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, pp.S-106-S-107, Sept 2011.
  28. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける通信負荷推定に基づく負荷分散手法,” 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, p.64, Sept 2011.
  29. 王 キ, 山本 嶺, 田中 良明, “MANET における中継ノードの判断に基づく DDoS 攻撃対策手法,” 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, p.69, Sept 2011.
  30. Vinh Tran-Quang, Nguyen Huu Phat, Ryo Yamamoto, and Takumi Miyoshi, “A Target Tracking Algorithm Considering Energy Balance in WSNs,” 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, pp.S-96-S-97, Sept 2011.
  31. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける通信負荷に基づく送信速度制御,” 2011年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.85, March 2011.
  32. 王 キ, 山本 嶺, 田中 良明, “MANET における隣接ノードの監視情報に基づくワームホール攻撃対策手法,” 2011年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.84, March 2011.
  33. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける送信速度制御を用いた負荷分散手法,” 2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, p.73, Sept 2010.
  34. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおけるクロスレイヤ制御を用いた負荷分散手法,” 2010年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.138, March 2010.
  35. 山本 嶺, 三好 匠, 田中 良明, “アドホックネットワークにおける公平性を考慮したウィンドウ制御手法,” 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, p.5, Sept 2009.
  36. Ryo Yamamoto and Takumi Miyoshi “Flow Control Method Considering Fairness for Ad Hoc Networks,” 2009年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.138, March 2009.
  37. 吉澤 剛, 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける近傍ノードを利用した一時的中継制御方式,” 2008年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.611, March 2008.
  38. 山本 嶺, 三好 匠, “アドホックネットワークにおける経路の近傍端末を利用した再送制御方式,” 2007年電子情報通信学会総合大会, 通信講演論文集2, p.611, March 2007.

受賞

  • 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究賞 2014年3月
  • 電子情報通信学会 学術奨励賞 2010年3月